診療科目

フェレット

  • 前立腺膿瘍・前立腺嚢胞

    雄のフェレットでは異常な副腎から分泌されたホルモンの影響により前立腺疾患を発症することがあります。

    3歳を過ぎたフェレットを診察する場合、排尿異常ががないか、ペニスより膿が排出されていないか、注意深く診ていく必要があります。同時に触診やエコー検査により前立腺の拡大や副腎の拡大をチェックしていきます。当然雌には前立腺はありませんので、尿が出なくなる事はありませんが、雄の場合は前立腺の拡大によって尿がでなくなり、急性腎不全になってしまう事もあります。

    (症例1)5歳齢、雄のフェレット副腎由来、前立腺嚢胞
    近医にて膀胱炎と診断をうけたものの、尿が出ず、当院にて副腎由来の前立腺のう胞と診断されたケース。

    DSC01769.JPG
    背部には副腎ホルモンの過剰により両側性の脱毛がみとめられます。
    DSC01771.JPG
    拡大した左副腎

    DSC01775.JPG
    手前が膀胱です前立腺にはほとんど収縮力がありませんので、尿がどんどん前立腺に貯留してしまいます。
    DSC01777.JPG
    縫縮した前立腺です。切除する事も可能ですが、尿が腹腔内に漏れる事もありますので、今回は縫縮術を行いました。


    (症例2)5歳齢、雄、副腎由来の前立腺膿瘍
    半年前から排尿の異常を感じていた、5歳の雄のフェレットの症例です
    3日前より尿の出が悪いという事で来院されました。
    レントゲン、血液検査にて明らかな異常が見られませんでした。
    尿検査にて潜血反応があり、尿沈査に感染を示唆する白血球が多数見られました。

    年齢が5歳と高齢ではありますが、全身状態が良く、数日後に食欲も低下してきた為、
    試験開腹後、副腎の切除と前立腺のチェック、処置を行いました。

    左副腎です。
    DSC07170.JPG

    DSC07171.JPG

    副腎を周りの脂肪と剥離していきます。
    DSC07173.JPG

    取り出した左副腎です。ほとんど出血無く取り出す事ができます。
    DSC07175.JPG

    取り出した写真です。
    DSC07177.JPG

    前立腺もチェックします。
    DSC07187.JPG
    文献によると2cm以上でなければ前立腺腫瘤の外科的摘出は行わないとなっている。

    穿刺にて前立腺の膿瘍を抜き細菌感受性試験を行います。
    DSC07191.JPG

    細菌感受性試験です。クロラムフェニコールが一番効果がありそうです。
    DSC07211.JPG

    この症例は5歳と高齢である事、半年前から排尿に違和感を感じていた事などから、
    術後の経過が心配されました。

    が術後の経過は良好で手術後3日から、ほとんど自力で食餌をとれるようになり、排尿も良好です。
    摘出した左副腎の病理結果は副腎腺癌でした。術後も排尿は良好で、食欲もあり、全身状態もいいようです。
    今後は右副腎の腫瘍化に伴う前立腺肥大の再発に注意していくことになります。


ページの先頭に戻る