診療科目

フェレット

  • フェレット腎臓腫瘍

    4ヶ月齢避妊雌のフェレットが腹囲膨満を主訴に来院したフェレット

    フェレット腎臓腫瘍.png
    左の腎臓腫瘍が認められたため、左腎臓の腎摘出術を実施しました。


    フェレット腎臓腫瘍2.png


    病理組織学診断
    ・重度の腎盂嚢胞状拡張、腎臓実質の萎縮を伴う
    ・軽度のリンパ形質細胞性尿細管間質性腎炎
    ・未熟な糸球体


    病理診断の結果、水腎症と診断されました。
    4ヶ月と若齢である点、未熟な糸球体の存在から先天性の腎異形成が存在していた可能性があります。
    右側の腎臓が正常に機能しておりますので予後は良好と考えられます。

ページの先頭に戻る