診療科目

フェレット

  • フェレットの避妊・去勢手術

    当院では犬猫の診療以外にも、フェレットの診療を積極的に行っています。

    以前はスーパーフェレットといってショップで販売されているフェレットのほとんどがあらかじめ避妊、去勢済み、臭腺除去済みのフェレットで、外来で診察するフェレットのほぼ全てが去勢・避妊済みでした。

    最近では、飼い主様の多様な要望に応じて、未去勢・未避妊のフェレットがショップさんを通じて、飼い主様の所に届くようになりました。

    しかし、フェレットの場合、交尾排卵動物の為、未避妊のフェレットは持続的な発情が続くと貧血を起こしてしまう、エストロジェン中毒と呼ばれる病気になってしまいます。
    よって出産の予定の無いメスのフェレットには必ず避妊手術が必要となります。

    コピー ~ DSC07149.JPG
    フェレットの避妊手術。子宮、卵巣を摘出します。

    DSC07154.JPG


    DSC07157.JPG
    臭腺の除去術です。独特の臭いを発します・・・・。

    DSC07161.JPG
    取り出した臭腺です。


ページの先頭に戻る