診療科目

循環器科

  • 猫の心筋症

    猫の心筋症は一般に胸部の超音波検査や胸部X線検査で診断されます。
    いずれの画像検査も画像上計測は可能ですが、心筋症の臨床経過(良くなっているのか悪くなっているのか)
    を判断する場合には検査実施者の主観的な見解が強くなりがちです。

    全部読む

  • 犬・猫の血圧について

    高血圧とは、血圧が一定の基準を超えて高い状態、すなわち血圧の亢進状態を指します。

    全部読む

  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症 (mitral valve insufficiency in dogs)

    犬の心臓は主に4つの部屋(左心房・左心室・右心房・右心室)から形成され、そのうち左心房と左心室を隔てる扉を「僧帽弁」と呼びます。

    僧帽弁閉鎖不全症は、犬で最も一般的な心疾患とされ、咳、呼吸困難、失神、肺水腫と言った深刻な状態になることもある為、まずその病態把握が重要と考えられます。

    全部読む

  • 循環器科診療

    ふく動物病院では循環器診療にも力を入れております。

    犬、猫の循環器疾患でお悩みの症例はお気軽にご相談ください。
    各種検査から総合診断、治療を通じ、より良い生活へのご案内をさせていただきます。


    全部読む

ページの先頭に戻る