診療科目

内視鏡

  • 猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)

    猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)の症例です.
    6歳の避妊済みの雑種猫が嘔吐を主訴に当院を受診しました。
    他施設での診察で「原因不明の嘔吐」と診断されていました。
    当院で各種検査を実施した後、内視鏡検査を実施しました。

    内視鏡下で実施した病理組織検査で低悪性度リンパ腫
    同時に行われたクローナリティー解析でBリンパ球のモノクローナルな増殖(腫瘍性増殖)が認められました。

    内視鏡1.png
    <胃内の肉眼所見 胃粘膜の不整が認められます>
    内視鏡2.png
    内視鏡3.png
    内視鏡4.png
    <胃噴門側の所見です>内視鏡5.png
    <幽門部>
    内視鏡9.png
    <十二指腸内>


    胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)の治療は一般にはステロイドやアポトーシスを誘発するタイプの抗がん剤が使用されます。臨床症状によって担当獣医師と治療内容、治療方針を決定する必要があります。

ページの先頭に戻る