診療科目

内視鏡

  • 内視鏡

    内視鏡最大の利点は低侵襲で検査や処置が可能である点です。
    近年では消化器系疾患(腫瘍疾患や免疫疾患)の生検にも有効です。


    当院の動物用内視鏡(OLYMPUS社製 挿入部外径5.5mm)内径が5.5mmと細い為、小型犬やフェレットなどにも無理なく実施可能です。

    内視鏡イメージ.png


    <内視鏡症例1>
    ズボンの紐を飲み込んだ症例 猫
    猫の性質上 紐や糸を誤食
    胃内異物猫紐.png
    内視鏡6糸


    <内視鏡症例2>
    食道内異物
    焼き鳥の串ごと飲み込んだ症例 犬

    竹串1.png内視鏡1.JPG 食道内は内視鏡以外での異物の摘出は困難です。
    竹串の場合を飲み込んだ場合は胃内のみならず食道の精査も重要となります。
    竹串3.png


    <内視鏡症例3>
    胃内異物
    薬をシートのまま飲み込んだ症例 犬
    内視鏡3 .png
    内視鏡1.JPG
    内視鏡2.JPG


    <内視鏡症例4>
    胃内異物
    ズボンの紐を飲み込んだ症例 犬
    内視鏡5糸.png
    内視鏡4糸.JPG

ページの先頭に戻る