診療科目

内視鏡

  • 猫のリンパ球形質細胞胃腸炎

    消化管で観察されるリンパ球形質細胞浸潤は、慢性的な粘膜に対する刺激に付随して起こる非得意的な病変です。感染症、異物、食物アレルギーなどあらゆる原因が除外されても原因が特定できない場合には、いわゆる炎症性腸疾患(IBD)を考慮する必要があります。

    全部読む

  • 猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)

    猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)の症例です.
    6歳の避妊済みの雑種猫が嘔吐を主訴に当院を受診しました。
    他施設での診察で「原因不明の嘔吐」と診断されていました。
    当院で各種検査を実施した後、内視鏡検査を実施しました。

    内視鏡下で実施した病理組織検査で低悪性度リンパ腫
    同時に行われたクローナリティー解析でBリンパ球のモノクローナルな増殖(腫瘍性増殖)が認められました。

    全部読む

  • 内視鏡

    内視鏡最大の利点は低侵襲で検査や処置が可能である点です。
    近年では消化器系疾患(腫瘍疾患や免疫疾患)の生検にも有効です。


    当院の動物用内視鏡(OLYMPUS社製 挿入部外径5.5mm)内径が5.5mmと細い為、小型犬やフェレットなどにも無理なく実施可能です。

    全部読む

ページの先頭に戻る