診療科目

内視鏡

  • 猫のリンパ球形質細胞胃腸炎

    「他施設で慢性腎不全診断後に当院でリンパ球形質細胞胃腸炎と診断された症例」
    食欲不振と慢性的な嘔吐を主訴に当院を受診。
    腹部超音波検査にて胃壁(幽門部)の肥厚が認められた。

    全部読む

  • 猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)

    猫の胃のリンパ腫(B-cell low grade LSA)の症例です.
    6歳の避妊済みの雑種猫が嘔吐を主訴に当院を受診しました。
    他施設での診察で「原因不明の嘔吐」と診断されていました。
    当院で各種検査を実施した後、内視鏡検査を実施しました。

    内視鏡下で実施した病理組織検査で低悪性度リンパ腫
    同時に行われたクローナリティー解析でBリンパ球のモノクローナルな増殖(腫瘍性増殖)が認められました。

    全部読む

  • 内視鏡

    内視鏡最大の利点は低侵襲で検査や処置が可能である点です。
    近年では消化器系疾患(腫瘍疾患や免疫疾患)の生検にも有効です。


    当院の動物用内視鏡(OLYMPUS社製 挿入部外径5.5mm)内径が5.5mmと細い為、小型犬やフェレットなどにも無理なく実施可能です。

    全部読む

ページの先頭に戻る